平屋は間取り・デザインの自由度が高い?

平屋は間取り・デザインの自由度が高い?

平屋のメリットの一つに、自由度の高さがあります。
2階建ての住宅なら1階と2階で柱や壁の位置をある程度揃える必要があるため、間取りにも制限が出てきます。
しかし上階のない平屋なら、柱や壁を自由に配置することが可能です。
柱や壁を自由に配置できれば広いリビングやダイニングを作ることもできるので、広々として空間を作ることができます。
また自由度が高いのは、間取りだけではありません。
建物を建てるときには法律で高さ制限が設けられているため、ルールを守らなければいけません。
ですが1階のみの平屋なら高さ制限に引っかかる可能性はほぼなく、屋根の高さや形も自由にデザインできます。
屋根を高くすればそれだけ天井高が高くなるため室内は開放的になりますし、斜めの屋根にすれば個性的な外観になり、室内にはロフトを作って物置にすることもできるでしょう。
内装も外観のどちらのデザインも自由になるのは、平屋を選ぶ最大のメリットと言っても過言ではありません。

平屋に中庭を設けたくなる魅力的なメリット

中庭のある平屋は、すべてのお部屋が明るくなります。
道路に面したお部屋にはプライバシーの問題があり大きな窓を付けることはできませんが、ロの字型の平屋なら中庭は完全なプライベート空間になるために、大きな窓を付けても人目が気になりません。
そのため家のどこにいても太陽の光が降り注ぐ明るい空間になるため、暗くジメジメした印象はなくなるでしょう。
窓をつけることで断熱性が犠牲になるといったデメリットもありますが、二重窓など高性能なものを選べば性能が極端に低下することもありません。
デメリットに対して対策ができる方法はあるので、お部屋が明るくなるメリットが非常に魅力的になります。
人目が気にならないロの字型の平屋なら、プライベート空間として活用できるのもメリットでしょう。
子どもを自由に遊ばせたり家族や友人とバーベキューをしたりなどなど、近所からの目線を気にせず自由に使える平屋ならではの空間として大活躍してくれます。

平屋に関する情報サイト
平屋住宅ってどんな家?

このサイトでは、平屋住宅がどのようなものなのかを解説し、よくある疑問や失敗しないために知っておきたい解決方法も解説しています。よく言われるのが間取りやデザインの自由度が高いという点ですが、それに関しても説明しています。上下の移動がありませんので住みやすさも持ち味だとされており、年齢を重ねた時にも暮らしやすいのが大きなメリットとなっていて、近年では広い土地があってもこのタイプを選ぶ人が増えているようです。

Search