平屋住宅とは?よくある疑問や失敗しないための解決方法を分かりやすく解説

このサイトでは、平屋住宅がどのようなものなのかを解説し、よくある疑問や失敗しないために知っておきたい解決方法も解説しています。
よく言われるのが間取りやデザインの自由度が高いという点ですが、それに関しても説明しています。
上下の移動がありませんので住みやすさも持ち味だとされており、年齢を重ねた時にも暮らしやすいのが大きなメリットとなっていて、近年では広い土地があってもこのタイプを選ぶ人が増えているようです。

平屋住宅とは?よくある疑問や失敗しないための解決方法を分かりやすく解説

平屋住宅を建てる時によくある疑問がいくつかあり、それらを知っておくことでその実際に建てる時に疑問が出てきた時にすぐに解決できます。
近年ではゲリラ豪雨や台風による水害が目立つようになってきましたが、平屋住宅ではそのリスクが高まるとされています。
解決策としては、ハザードマップを確認して安全性の高い場所に土地を確保することが有効です。
また、平屋住宅で暮らしにくいとされるのは生活動線を考えずに建ててしまったパターンがほとんどですので、日頃の生活を思い浮かべながら設計することが大切です。

平屋を新築で建てる場合の費用はどれくらい?

二階建てのスタンダードな一戸建てと比べると、平屋建ては工期が短くて坪当たりの単価も割安です。
施工会社や使い建材によって費用は異なりますが、高齢者夫婦の生活に最適な家は1000万円台で建築可能です。
様々なハウスメーカーに見積もりを依頼すると、施主の希望する新築平屋建て住宅の金額を知ることができます。
また平屋建ての住まいを求めている人の多くが、バリアフリー仕様を希望しています。
新築時に段差のないプランを選ぶと、高齢者になってからでも安心して住み続けられます。
一方でライフスタイルに合わせてこだわりのある仕様にする場合には、坪当たりの建築コストが大幅にアップします。
屋根に太陽光パネルを取り付けると、通常よりも建築コストが数割程度高くなります。
けれども太陽エネルギーの活用で、年間を通して電気代が節約できます。
光熱費や維持管理費も考えると、グレードの高い建築プランを選ぶメリットが大きいです。
提案力のある施工会社を活用すると、コスト面で有利なプランを選べます。

平屋を建てるためにかかる平均的な工期は?

近年平屋住宅の人気が高くなっています。
特に高齢の2人世帯で住むケースが多いです。
基本的に2人でしか生活しないため、2階建ての住宅では部屋が余ってしまいます。
契約してからの一般的な工期は3カ月から6カ月くらいです。
ただ、あくまでも平均的な工期なので、間取りやデザインを変更するなどの要望を出せば、その分長くなってしまいます。
少しでも早く平屋を建ててもらおうとする方がいますが、1番大事なのは安心して住める家を建ててもらうことです。
工務店やハウスメーカーを選ぶ際は、技術力の高さやコミュニケーションが取りやすい、アフターサポートがしっかりしていることを重視してください。
短期間で建てるところは、施工が雑である可能性があるため注意が必要です。
早く住みたい気持ちは理解できますが、クオリティの低い家になって後悔することは避けなければいけません。
実際に依頼した人の意見を参考にして、信頼して任せられる建設会社を選ぶことが大事です。

一人暮らしの平屋を考える上でおさえておくべきポイント

一人暮らしをするため平屋を建てるときは、ネットで見た施工例を参考にプランを決めていくかもしれません。
しかし一人で生活するために施工された平屋は、それほど多くなくネットにも情報があまり出回っていません。
そのため家族で暮らすことを目的として施工された例を見ても、参考にならないケースはあります。
家族で生活するなら複数の部屋が必要になりますが、一人なら寝室と仕事部屋があれば十分でしょう。
必要な部屋が少なくなれば間取りは大きく変わってきますから、施工例はあまり参考になりません。
せっかく建てる平屋に使わないスペースを割くのは無駄なので、プランを考えるときには本当に必要であるのか判断しながら決めるのはポイントです。
また現在は一人暮らしをするつもりでも、将来的には結婚して夫婦で住んだり子供ができる可能性もあります。
現在のことだけではなく将来のライフスタイルも考えながら、それに対応できる平屋にするのもポイントです。

平屋住宅が人気を集めている理由とは?

近年一戸建ての形で人気を集めているのは、1階のみの平屋住宅です。
これまで昭和の住まいというイメージがあり、一戸建てを購入したり建てたりするときは2階や3階建てが一般的でした。
しかし近年平屋だからこそ得られる魅力的なメリットがあることが注目を集め、人気が急上昇しています。
多くの人々が2階や3階建てよりも選ぶ理由の一つは、耐震性の高さです。
平屋は2階以上の部分がなく、建物の形状もシンプルなため耐震性を高くできます。
最近の日本は毎年のように大地震が発生し建物にも被害が出ていますから、耐震性の高さに注目が集まるのは当然と言えるかもしれません。
またシンプルな形状は、メンテナンス費用の安さにも繋がります。
屋根や外壁塗装などのメンテナンス費用は複雑な形状であるほど費用が高くなりますが、シンプルであるためこれらの費用が安くなり長期的に見てもお得です。
他にも生活空間がワンフロアで収まるため家事動線がスムーズになるなど、選びたくなり理由がいくつもあります。

平屋に関する情報サイト
平屋住宅ってどんな家?

このサイトでは、平屋住宅がどのようなものなのかを解説し、よくある疑問や失敗しないために知っておきたい解決方法も解説しています。よく言われるのが間取りやデザインの自由度が高いという点ですが、それに関しても説明しています。上下の移動がありませんので住みやすさも持ち味だとされており、年齢を重ねた時にも暮らしやすいのが大きなメリットとなっていて、近年では広い土地があってもこのタイプを選ぶ人が増えているようです。

Search